×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページモンスターファーム>第13話 ムー降臨!
第13話 ムー降臨!

夕方、意気込んで出発しようとするゲンキ。ガイアは西の方向を指していた。西を見るスエゾーが何か見えると話す。そして空飛ぶ城と言う。ライガーが話すにはムーが乗っている浮遊城だと話す。そして城から降りてきて現れた。一同はワルモンに対しての恨みをムーにぶつける。スエゾーは村を襲った。ゴーレムは墓を荒らされた。ライガーはムーに弟を連れ去れた。弟についてどうしたと聞く。ムーは立派なワルモンにしたと。戦うものの圧倒的なムーには敵わない。そしてムーはホリィのところへ行きホリィを連れ去って行ってしまったのだ。

その夜、ゲンキはハムにホリィを助ける作戦を考える。しかしハムは「100戦っても100回勝てない」と言う。ライガーもそのハムの言う事に賛同する。しかし、ゲンキは「ホリィを助けたい」と願う。スエゾーもモッチーもゴーレムも。ハムとライガーを説得し、ライガーは納得した。そしてライガーは古い友達に「ハヤブサ」というドラゴン盗賊団がいる事を話す。そしてドラゴン盗賊団のアジトへ向かう。そしてライガーが協力を頼むがハヤブサは「みんなの命がかかっている」と1度は断られ帰ろうとするがゲンキは帰らないでじっとハヤブサを見つめていた。「浮遊城へ乗せて行ってくれと頼む。もし何かあったらハヤブサたちの命は守るから。」と言う。そしてゲンキの説得の元、協力が得られ浮遊城へ向かう。

一方ホリィはガイアをムーに奪われた。そして衝撃的な事実を知ってしまう。ガイアの事を詳しく知っていた。まさかホリィの村の関係の人・・・?とそして気付いてしまったのだ。そう、それはまさしくホリィの父親だったのだ。

ハヤブサと共に旅立つゲンキ達。そこにはピクシーとブルーマウンテンが見つめていた。
提供:LIGHTさん

第12話 モノリスかく語りき 第14話 邪悪な魂