×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページモンスターファーム>第25話 廃虚の戦士たち
第25話 廃虚の戦士たち

ワルモンのサラマンドラに追いかけられていたゲンキ達であったが、そこに助けが現れた。ケンタウロス、シリウス、サバットの3匹であった。この3匹はワルモンであったが、誇り高き、正々堂々としている正義感があるワルモンであった。ギンギライガーによりこのエリアを任されていたので、ワルモンのサラマンドラは今のケンタウロスたちのいるエリアではないので蹴散らしたのだ。

ケンタウロスたちは3対3で勝負をすると言う。ハムとシリウス、スエゾーとサバット、ゲンキとケンタウロスである。

1回戦目はハムとシリウス。ハムは勢い良く突っ込むが、いきなり武器を投げ捨て「すいませんでした。シリウス様には敵わないんです。命だけはお助けを」と言う。以前モンスターバトルと同じライガーと同じようなせこい戦い方で行うがシリウスには通用せずに負けてしまう。

2回戦目はスエゾーとサバット。スエゾーはサバットから逃げまとう。そして、逃げている中、サバットはよそみをしていて転んでしまい、何とスエゾーが勝ってしまったのだ。

そして1勝1敗でいよいよ大将戦の3回戦目。ゲンキとケンタウロス。ケンタウロスがとどめをさそうとした瞬間、サラマンドラが攻撃をしてきた。さっきの腹いせに現れたのであった。ケンタウロスはゲンキを助けた。ゲンキは聞く、「なぜこんな誇り高いケンタウロスなのにワルモンに」と。ケンタウロスは「ギンギライガーに負けてしまいワルモンになってしまった。敗者は勝者に従わなければならない」と戦士の掟だとケンタウロスは言う。そしてこのエリアを任されたと。

ケンタウロス、シリウス、サバットはサラマンドラと戦う。そして、ゲンキ達の援護もあり何とか勝つことが出来た。

ゲンキとの勝負はおあずけになり「不屈の闘志、ゲンキの瞳に誇り高い戦士の魂が感じる」と言いケンタウロス達は別れを告げて去っていくのであった。誇り高き戦士の心を持ったまま・・・。
提供:LIGHTさん

第24話 ウンディーネの湖 第26話 暴走戦士メルカーバ