×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページモンスターファーム>第26話 暴走戦士メルカーバ
第26話 暴走戦士メルカーバ

落雷と豪雨の中、森に向かって雨宿りをしようとするゲンキ達。森の中でみつけた古びた建物。入ってみると不気味なものばかり。ロボットのスクラップがあったり、コンピューターがあったりと。コンピューターを動かしてみるとまだ作動できる状態であった。画面が映りそこには古代が栄えていたこの地の状況とそしてこのロボットのスクラップがメルカーバというものであるという映像が。ここはかつてのロボット製造工場であったのだ。

その時ワルモンが現れた。ワルモンはゲンキがいるロボットのスクラップのところへ攻撃を向ける。間一髪スエゾーに助けてもらったゲンキ。その時、ロボットのスクラップの山が動き出した。そして何とワルモンを全てロストさせてしまったのだ。メルカーバはとどまる事を知らない。暴れていく巨大なメルカーバ。ワルモンだけでなく今度はゲンキ達に向かってきた。逃げまとうゲンキ達であった。

圧倒的な強さのメルカーバ。ハムは作戦を考える。「巨大なメルカーバには巨大なものをぶつける」と言い、作戦を開始する。さっきの古びた建物にメルカーバを誘い込む。ゲンキは反対側の出口に差し掛かる。ゴーレムが待機し、建物を壊したのであった。ゲンキは脱出し、建物はメルカーバを残して崩れていく。作戦は成功かと思ったら、再びよみがえってしまった。

もうどうしていいのか分からない。そんな時、ゲンキは鉄の棒が光っているのを見つけた。そうだ・・・。

ゲンキはゴーレムに頼み、メルカーバにめがけて投げてもらう。そしてその鉄の棒をメルカーバの頭に。しかしメルカーバはやられない。その時、雷が鉄の棒に落ちた!!そして雷はメルカーバ全体に伝わり倒す事が出来た。ライガーの雷撃でも倒せなかったが、自然の力には負けてしまったのだ。

再びコンピューターのところへ戻る。そしてコンピューターを起動させるとやはりメルカーバは古代人が作ったもので、戦いの道具に使われていたのであったらしい。

ゲンキ達は次なる目的地へ向かい進むのであった。
提供:LIGHTさん

第25話 廃虚の戦士たち 第27話 ライガー!宿命の対決