×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページモンスターファーム>第29話 グッバイ!マイフレンド
第29話 グッバイ!マイフレンド

ガイアの示す方向は土で濁った大河の向こうであった。「川の細くなっているところを探して渡ろう」というハムのアイディアで歩いて探しているとレストランがあった。レストランに入ってみるとミミニャーというモンスターとジム船長がいた。

料理を作ってもらい、食事中にゲンキ達はヒノトリの話をする。逆にジム船長は「自分のことを渡し舟の船長」と話す。渡し舟を見に行くゲンキ達。「お金をきちんと払えば渡し舟を利用させてくれる」と言う。ハムは「団体割引」と言い出し値切るがハムは負けてしまう。「この荒い川を渡るにはこの頑丈な渡し舟しか通れない」とジム船長は言う。手伝おうとするがゲンキは役に立てず、ジム船長に「ガキは引っ込んでろ」と邪魔者扱いされる。

船に乗るゲンキ達。ゴーレムは相変わらず怖がっている。そして船は出発する。出発して少しすると船が大きく揺れた。ワルモンのアローヘッドであった。船に体当たりしていく。ワルモンに立ち向かうジム船長達。ゲンキはジム船長を助けるべくアローヘッドに体当たりして海に投げ出され沈んでいく。ジム船長は沈んだゲンキを助けに向かう。何とか船に戻り、浅瀬に乗り上げた船。ワルモンは海中の中ならいいが、浅瀬のため、逃げ去っていく。

その夜、ゲンキは落ち込んでいた。身の程知らずなガキだと言う事を。しかし、ジムは「昔もお前みたいに身の程知らずのガキだった。ガキ扱いしたことを謝るよ」と言い、ゲンキと仲良くなる。

朝、船を出発させる。ワルモンの襲撃が再び。船は大きく揺れる。そして船は次第に亀裂が入り水がたまり沈んでいく。ジムは「ゲンキ達とミミニャーにこの船ごと沈みたくなければ船から飛び降りろ、向こう岸まで自力で渡れ」と言う。ジムは船に残っている。ワルモンが追ってきた。その時、ジム船長の船が高く飛び上がりワルモンをやつけてくれた。しかしジム船長の乗った船は大破してしまう。

夜、向こう岸に上がり、ジム船長を探すゲンキ達とミミニャー、中々見つからない。もう駄目かもしれないと思った。その時、ジム船長の姿が。「下流まで流されてしまい、辿り着くのに夜になってしまった」と話す。そして再会するのであった。

翌朝、ジム船長とミミニャーと別れをする。ゲンキに対してジム船長は「きっとまた会える。友達じゃないか」と話す。
提供:LIGHTさん

第28話 森の仕掛け屋コロペンドラ 第30話 赤ちゃんボスは元気者