×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページモンスターファーム>第44話 激闘!ガイア争奪戦
第44話 激闘!ガイア争奪戦

ファイナルゲートの最終プログラムによりムーは完全体になることができると情報が。その情報の中にガイアが関与している。完全体になるにはガイアが必要だったのだ。

ムーの手下のジャアクソウはデュラハンにガイアを奪って来いとジャアクソウは言うがデュラハンは「石ころ1つの為に刺客を放つ訳にはいかない」とガイアの事情を知らないデュラハンは断るのであった。しかし、何かの提案でデュラハンはガトリングブロー軍団をゲンキ達に放つのである。ゲンキ達をやつけるのはガトリングブローでガイアはジャアクソウがと言う提案だったようだ。

一方、ガイアを使い方向を導き出そうとするホリィ。いつもと輝きが違う。もうヒノトリは近いのか・・・と思っているとガトリングブローが。ガトリングブローを1体やつけたが、自己再生能力があった。ジャアクソウがガイアを奪おうとするが失敗する。そしてジャアクソウに「どうしてガイアを奪う」と聞くと「ムーが完全体になるために必要」と話すのであった。

ガトリングブローに追われるゲンキ達。逃げ切ったと思ったらそこにもガトリングブローが。完全に囲まれてしまった。再び攻撃されるがスエゾーのテレポートで何とかガトリングブローから少しだけだが離れた場所へ逃げることができた。

ハムが上手く逃げる方法を考える。そして作戦を実行し逃げるのであった。狙われているのはガイア・・・。ホリィの持っているガイア・・・。

作戦を実行しているがガトリングブローとジャアクソウに追い込まれてしまった。そしてホリィに「ガイアを渡せ」とジャアクソウは言う。そしてホリィは顔を上げると・・・それはゲンキであった。ハムの作戦は、ガイアの持っているホリィはゲンキの格好をさせ、ゲンキにはホリィの格好をさせたのであった。万が一(追い込まれた時のため)にハムは備えておいたのであった。逆にホリィはゲンキの格好をしてガイアを身につけているのであった。ゲンキの格好をしたホリィはライガーと一緒に逃げている。しかしそんな作戦を見破ったリリムはガイアを奪ってしまったのであった。追うライガーとホリィ。

リリムがジャアクソウ、ガトリングブロー、ホリィの格好をしたゲンキ達の所へ。ジャアクソウはガイアの持ったリリムに「よくやった。ガイアを・・・」と言うがリリムは「あんな作戦に引っかかるなんて。ムーを生かすのも殺すのもこのガイア次第。ガイアを奪う作戦。あなた(ジャアクソウ)は名誉の戦死、そうムーには伝えておく」と言いリリムの指示でガトリングブローはジャアクソウに攻撃した。そして次はゲンキ達に攻撃が・・・と思ったらジャアクソウが横からガトリングブローに攻撃を。そして再び攻撃しようとしたがジャアクソウは自己再生する前に攻撃し、ガトリングブローは動かなくなってしまった。ジャアクソウは司令塔のガトリングブローをやつけて他のガトリングブローは機能を全く停止して動かなくなってしまったのであった。力を使い果たしたジャアクソウはロストしていくのであった。一方リリムはガイアを持ったまま逃げていくのであった・・・。

ガイアを奪われてしまったゲンキ達。ライガーは「俺様がいながら」と、ハムは「作戦が甘かった」と落ち込むが、ホリィは最後にガイアが指していた方角を目指すと言うのである。

デュラハンとリリムはガイアを見ていた。リリムは「このガイア・・・」と何か企んでいたのであった。
提供:LIGHTさん

第43話 砂の刺客 レマクラスト 第45話 デュラハン暁に死す