×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページモンスターファーム>第45話 デュラハン暁に死す
第45話 デュラハン暁に死す

ゲンキ達はガイアが無い中どんどんと進んでいく。ガイアの示す方向が毎回違うことにハムは疑問を抱く。そこでスエゾーからの提案が。それは、みんなのガッツをスエゾーに集めスエゾーがガイアのところへテレポートし、ガイアを取り戻し、改めてガイアに方角を導き出してもらうという提案であった。しかし何回もテレポートしても数十メートルしか移動しなかったがゲンキ達は根気強く続けるのであった。

一方、デュラハンはムーのところへ戻った。デュラハンとリリムはガイアを持ちムーのところへ。ガイアを渡そうとしたがデュラハンはムーを攻撃するのであった。「お前の時代は終わった。覚悟!!」と挑むのであった。デュラハンは次々とムーにつながれている装置などを剣で切っていくのであった。ムーは反撃する。その反撃にデュラハンは苦しめられ、形勢を立て直すべく自分の乗ってきた飛行船に戻った。飛行船に戻ったデュラハンが目にしたのは、飛行船内が荒らされていた姿であった。デュラハンの刺客達も全て解凍させられていたのであった。ムーと戦っている時にデュラハンの仲間の援護の飛行機が。デュラハンが「空中戦艦、援護」と言うが、その戦艦の援護砲撃の対象攻撃はムーではなくデュラハンに。そこにはリリムの姿が。リリムは「艦内の全てのワルモンは処分させてもらった。私は強いお方が好き。ガイアを得たムーには誰にも敵わない」と。その言葉にデュラハンは怒った。そして・・・。リリムの持っているガイアが爆発した。そう、リリムが持っていたガイアは偽物で、本当はデュラハンが持っていたのであった。

ゲンキ達はテレポートを根気強く続けていた。改めてガッツをためて・・・。「テレポート!!!!」

テレポート後、ゲンキ達が目にしたのはガイアを持ったデュラハンであった。スエゾーのテレポートは成功したのであった。着いた場所はデュラハンの乗っている飛行機であった。飛行機の外を見る。外ではワルモンの紋章の飛行機が。ハムはこの前のワルモン達の反乱と関係があると思う。そしてリリムが隙を突いてガイアを奪う。それに対しデュラハンはリリムを攻撃し、動けなくし再びガイアはデュラハンの手に渡ってしまう。ゲンキ達はガイアを取り返すべくデュラハンを攻撃するのである。一同の攻撃に加え、リリムが作った空中戦艦の攻撃やムーの手下であるジャアクソウがデュラハンとゲンキ達が乗っている飛行船に攻撃をする。機体は大きく傾いたりする。デュラハンの攻撃が。そこでゲンキ達はモッチーのモッチ砲で応戦。ゲンキ達もモッチーと一緒にガッツを。そしてデュラハンの攻撃に勝ったのであった。デュラハンは「強さの秘密はそのチームワークか。」と言い倒れいくのである。ゲンキ達はデュラハンに勝った。と喜んでいるのも束の間。リリムが現れデュラハンの持っていたガイアを再び奪う。そして機内に警告音が鳴り響く。リリムは「起爆装置よ。あと5分で爆発するわ。」と言う。ゲンキ達は逃げるリリムを追う。ライガーがリリムに体当たりし、リリムの手からガイアが離れた。それをつかもうとするゲンキであったがジャアクソウが「ガイアはもらった。」と。ガイアはジャアクソウの手に渡ってしまったのである。起爆装置に追われているゲンキ達。逃げるゲンキ達。テレポートをして間一髪で逃げ切った。リリムも逃げる。デュラハンの前を通ったリリム。逃げるリリムにデュラハンの手が!そう、デュラハンは辛(かろ)うじて生きていたのであった。リリムを放さない。「放せ!!私はムーを、全ての力を手に入れる・・・」と言う。デュラハンは「このデュラハン様をよくぞコケにしてくれたな!!!」とリリムを剣で刺したのであった。と同時に起爆装置が働き一気に飛行船は炎に包まれて墜落していくのであった。

スエゾー達は地面にテレポートし、魔将軍デュラハンの飛行機が墜落してその機体が爆発していくのであった・・・。ゲンキ達は思うのであった。結局ガイアを取り戻す事は出来なかったがデュラハンを倒すことは出来た。ヒノトリを見つけようと。ガイアを信じ、自分達を信じ、ガイアが最後に示した方角、北へ向かおうと・・・。
提供:LIGHTさん

第44話 激闘!ガイア争奪戦 第46話 戦いと憎しみと