×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


トップページモンスターファーム>〜伝説への道〜第1話 扉が開く時
第1話 扉が開く時

ガイアを巡る愛と勇気のモンスターバトル。栄光の伝説(レジェンド)杯に向かってガンガン行くぜ!みんな、力をあわせてガッツ全開だ!

〜扉が開く時〜
モンスターファームの世界から戻り1年が経過した主人公佐倉ゲンキ。名前の通り、元気だけは誰にも負けない小学校に通う男の子である。

モンスターファームの世界から戻ってゲンキはいつも通りの学校生活を送っていた。平凡な学校生活を。ゲンキがモンスターファームの世界の冒険で、不思議な事に現実世界では3時間しか経過してなかったのでゲンキが居なくなった事に疑問を皆抱かなかったのであった。
ただし、ローラーブレードとディバッグはモンスターファームの世界に残したままなので買ってもらった母さんには叱られたのであった。

モンスターバトルで優勝の時にもらった(モンスターファーム円盤石の秘密の1話参照)副賞のモンスターファーム200X(二千エックス)が一般発売されてゲンキも早速買ってみたものの、あの時のようにモンスターファームの世界には行けなかった・・・。

悲しく歩いていると



「!!?」
ゲンキは違和感を。「うそだろ・・・まさか・・・」
ゲンキの今の世界にモッチーがいる気配がしたのであった。

無我夢中で追っていくと、とある古びたおもちゃ屋さんに。
店には人はいない。ただ、砂嵐になっているテレビが点いているだけ。
その下にはゲーム機。中に入っているソフトはモッチーの絵の描いてあるCD-ROMが。
ゲンキは吸い寄せられるようにそのテレビとゲームをやりはじめる。

そのゲームにはゲンキがやった事のない内容。また、その内容が今までゲンキが冒険していた時の話が。ワルモンとムー、そしてヒノトリの話。ヒノトリになったモッチー、スエゾー、ゴーレム、ライガー、ハムは離ればなれになり、その後のモンスターファームの世界の様子が。


ヒノトリと戦った仲間のホリィは仲間を探して旅に出ている。
最初に見つけた円盤石からモッチーが誕生した。

その後、中々仲間が見つからないホリィとモッチーが弱音を吐く。「こんな時、ゲンキがいてくれれば・・・」と。「時々モッチーはゲンキの夢を見る。夢の中のゲンキは、元気が無い。」と。ホリィも同じ夢を見ると言う。「ゲンキはいつも元気なのに・・・」と。ホリィもモッチーもゲンキに逢いたいと願う。

雨が降ってきて走っている森の中、ホリィはムー(ホリィの父)の声を耳にすると言う。モッチーは「ムーは消えたはずだ!」と強く否定しながら言うが・・・。

声がだんだん大きくなっていく。そちらの方へ走っていくホリィとモッチー。そこには怪しく光る岩が。雷がそこに落ちて岩が割れる。そこには円盤石が!!円盤石を見るとそれには何とワルモンの紋章の絵がある円盤石・・・

そこにワルモンが。ワルモンのゲル3匹が言うに「邪悪な魂は完全に消えた訳ではない。俺たちが居るように、また、その円盤石がそれを物語っている」と。モッチーがヒノトリの後、円盤石に戻ったようにこのワルモンの紋章の円盤石がムーか邪悪な魂の可能性があると。

逃げるホリィとモッチー。崖に追い詰められたホリィとモッチー。モッチーは戦うと言うが、ホリィは「円盤石に戻った時に習得した技を全て忘れた」と。(基本技2つは使用可)モッチーは円盤石を持って崖を降り逃げていく。ワルモン達もモッチーの後を追う。

進むとその先に廃墟の神殿が。だが行き止まりである。ワルモンに奪われたワルモン紋章の円盤石を再生するがいくらやってもモンスターは誕生しない。

隙をついて円盤石を奪うモッチー。しかし再び追いつめられるモッチー・・・。
助けて、ゲンキ、ゲンキ、
ゲンキーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!





神殿が光り、テレビモニターを見ているゲンキはテレビに吸い込まれて、そして
ゲンキはモンスターファームの世界に再び戻ったのであった。
モッチーが持っていた(保管していた)ローラーブレードを装着してワルモンに挑み蹴散らす事が出来た。2人の友情のパワーで。再開を喜びあう2人。
そしてホリィと合流。ホリィも涙を流しながら喜ぶ。

「ただいま、モッチー!ただいま、ホリィ!ただいま、モンスターファーム!!!」

提供:LIGHTさん

第2話 目指せ!伝説(レジェンド)杯